TOKYOお気楽極楽日記。コッチコチだね、なんか。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


オキゴキの感想を
Tweetしよう!



[オキゴキfavorite]
世界はどう報じたか
category: オキゴキBOOKS | author: miyamoo
震災直後、TV報道は激化し、民法局は津波被害映像を競うように流しました。

NHKを除く、全ての局で同じく被害状況ばかりを報道し

被災地の方々が生活の術を促す報道は、当初皆無に近かった。

一部の局では、津波で身内を亡くした方々にインタビューをとったり...

死亡届けを出すまでを震災から1週間たらずで、ドキュメントタッチで報道したらしい。

憤慨極まりないことをしていた。怒りよりも落胆。



“「東北関東大震災」を世界はどう報じたか”と題して緊急特集を出したクーリエジャポン。

クーリエジャポンは、世界1500以上のメディアから記事を厳選し、翻訳・編集している

世界から見る日本への視点を知ることが出来る雑誌。個人的にも欠かさず読む愛読雑誌。

「Never Ever Ever Give Up!」と桜を模した表紙に力強さと元気をもらう。



世界が報道した震災を多国籍に紹介。それぞれの国の報じ方の違いと共通点...

全ての国に共通して報じているのは「日本人の自制心」。

海外でのTV報道も、かなり激化し、被害状況と恐怖心の煽りが多いらしいが

今クーリエでの記事は、日本の復興を信じ、災害を向かえた後の日本人の精神を

称える記事が掲載されている。

また、なにより、平穏を取り戻しつつある東京に住む私達が見えていない

被災地の方々の心の不屈さ、美しさ、想像以上の精神力が、海外の記事より見えてくる。



地震直後も、「混乱時にも日本人は礼儀正しく、いつもの様に列をつくり、譲り合う」と

驚きの念を込めて世界は報じたことは、twitterでも話題になり

スマトラの物資の略奪混乱と、日本の物資を求める列を対照的に見せた。





震災直後の東京も混乱し、交通機関のマヒから帰宅難民が大渋滞と徒歩の行列を作ったが

大きな混乱もなく、路面の店は躊躇いなく店を開放しトイレと飲みモノを提供し

車は譲り合い、有楽町駅のホームにはいつもの様に電車を待つ列があった。



その光景は多くの外国人の心を打ち、私たちにも心の豊かさをくれた。

ロシアの『イズベスチャ』は...

 「多くの外国人はホームで列をなす様子や、車のドライバー同士が譲り合う場面を
  小ばかにして笑ったりする。だが、この災害を経て、こうした日本人を見て滑稽
  だと感じるものは、一人もいないだろう」

と、日本人の日々の本音と建て前を、清く正しいことを報じた。

UK『タイムズ』は...「ガマン」という不屈の精神と題し

  「欧米メディアは被災地で、人々の怒り、絶望、恐怖の表情を探しまわったが、
   無駄だった。日本の生存者はたとえ涙を流すときでも顔を背けたり、手で目を
   隠したりしたからだ。---(中略)---欧米人は自然災害が起こると、災害の原因
   を決めつけたがり、温暖化や政府の失敗、神の怒りなどのせいにする。だが、
   日本人の自然観は異なる。日本人の自然観では、人間は自然と闘っているもの
   でもなく、自然に翻弄されているのでもなく、自然の一部なのだ」

と、自然災害を自然現象として現状を漂わせている日本を賞賛した。

US『ニューヨーク・タイムズ』も同様に...

  「自然災害は日本の「運命」の一部だと考えられている---(中略)---米国人は
   自然を人間と対立するものと考え、操ろうとする。一方、日本では人間は自然
   の一部でしかなく、ただその流れに乗って漂うものだと考えられている」

と、日本の自然への姿勢を確認した。

US『ロサンゼルス・タイムズ』は、地震に襲われ、足の骨が砕け逃げられず数時間後

救出された女性を挙げ、彼女の言葉に感嘆したエピソードを掲載。

  「その女性は救助された後、救援隊に迷惑を掛けたことを詫び、
   自分より先に救助がが必要な人はいなかったのかと尋ねたという。」

こうした記事が、日本人の心に大きな支援を届けてくれている。

twitterで、秋田県のタレント:シャバ駄馬男さんのtweetも非常に感動した。

    今日被災者に電話インタビューした。家を無くした40代の女性が言った。
    「私達は他人の幸せや喜びをねたむほど落ちぶれてはいない。
    皆さんどうぞ我慢せ ず楽しい時は笑い嬉しい時は喜んでください。
    私達も一日も早く皆さんに追いつきます」
    俺は涙をこらえ笑顔でエールを送った。

被災地の方を支援するはずの私たちが、被災者の背中を見て学ぶことはあまりにも多い。

しかし、今後経済の復興に関しては実にシビアな評価である。

そんな中、敵対観の多い韓国の『中央日報』は、心強い記事を書いていた。

  「韓国はいま日本に向かって走っている。
   他人の不幸が自分の幸せとなり、他人の幸せが自分の不幸となった時代は過ぎた。
   ---(中略)---我々は“近くて遠い国”だった日本と韓国が一つの生命共同体である
   ことを示すことで、生命を資本とする真のグローバリズムの姿を、世界に見せる
   ことができるようになった」



この震災は、ただの転換期ではなく、大きな世界の新たな価値観の誕生でありますように。



東京は、原発の情報に翻弄されながらも

余震もかなり減って平穏を取り戻しています。

関西に住む姉から聞く話だと、やはり西と東では感覚の差がどうしてもあるようです。

どうか、今もこの瞬間も苦しんでいる被災地の方、身を犠牲にして原発で作業している方を

忘れないで。



日本では報道されない、日本の今。→LINK

目を覆いたくなる写真ばかりですが、しっかり見て、被災地に心を寄り添いましょ。

今何もできないからと自分を責めず、自分の出来ることからやっていこう。


comments(2) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
欧明社
category: オキゴキBOOKS | author: miyamoo
先日、東京大神宮にお参りに行った際、ふらりと散歩していたら素敵な本屋さんに出会いました。

フランス語の書籍を扱うBook Shop[欧明社]。



飯田橋界隈にフランス街のようなエリアがあることは、東京メトロのCMで知っている程度でしたが

実際に歩いてみて、フランス人の多いこと!!驚きました。

また、この界隈は学校も多くて、ちょうど下校時間頃に散歩していたので

子供たちの騒がしい声と異国の雰囲気が重なって、とっても元気のある街に見えました。

そんな中にある欧明社は、街に根付いた大事な本屋さんというカンジ。

天井まで積み上げられた書籍に圧倒されながら、読めもしないフランス書籍を手に取ると

うっかりフランスにいる気分です。いや、それは嘘だな。(行ったことないよ)

フレンチの美味しいお店とか、色々あるんだろうな〜〜。

また出向きたい。

comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
『亀倉雄策の本棚から』
category: オキゴキBOOKS | author: miyamoo
デザイン界のパイオニア:亀倉雄策さんの本棚を立ち読み出来る。

そんな展覧会が、リクリートGINZA8ギャラリーで開催されていました。



お馴染みのデザインも大きく展示されている。

改めてグラフィックデザインの必然と尊さを確認。







会場には、亀倉氏の蔵書がずらり。

その膨大さに圧倒されます。

手袋を付けて慎重に閲覧します。

デザインで社会に貢献し、また社会を動かしてきた氏の牽引する日宣美。

その活動記録等が書かれた著書もあった。

“デザインに出来ること”

時代が移り変われど、常に大切にされている概念だと思う。

そのムーブメントに対し、肯定する人もいる。また、批判する人もいる。

嬉しい人もいれば、傷つく人もいる。

重要なのは、デザインを通し考える機会を持つこと。

そう思ってます。

そして、純粋に「カッコイイ」憧れと審美の対象になること。

そう、思ってます。
comments(2) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
『ヘヴン』川上未映子
category: オキゴキBOOKS | author: miyamoo
鈴木 成一『装丁を語る。』の中で、鈴木氏の仕事として紹介されていた

川上未映子の『ヘヴン』。

『ヘヴン』表紙を作る際、鈴木氏自身、装丁をデザインするに当り

編集者との多くのやりとりを経て

デザインを施すという行為に至らなかったという。

作者の思い入れの強さ故、飾りはいらないと判断されたようだ。

実際、本書の装丁は実にシンプルである。

鈴木氏の話しありきだと、俄然期待してしまうではないか。

ヘヴン
ヘヴン
川上 未映子

中学生の苛めが題材であり、「どんな話し?」かと聞かれると

“新しい善悪の判断を問う正義の話”

というところ。かなり読み応えがある。



川上 未映子の文章は、漢字が少なく句読点もヘンテコだし正直読みにくい。

その上、小説家なのにすこぶる美人で映画にも出るし、こういった才色兼備は

嫉妬心(無意味w)から煙たがりだちだった私だが、色々反省しました。はい。



現実の世界にある大きな善と悪の二つの世界を

不安定で繊細に、かつ丁寧に言葉にしている。

善悪両者の脆さを訴える様な小説でした。


comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
『装丁を語る。』鈴木成一
category: オキゴキBOOKS | author: miyamoo
(借り物の本をblogネタにしてすみません。)

鈴木成一『装丁を語る。』を読みました。


装丁を語る。
装丁を語る。
鈴木 成一


気なっていた本の表紙が、誰の手によって生まれたか分かると

ぐっと親近感が沸きますね。

著者の好き嫌いから、イイ作品と知りながらも

元々読書が億劫な私としては手に取らずに終わるものが殆どですが

こうして美しい装丁を羅列して眺めると

読みたい衝動がむくむく。(で、多分読まないんですけどね)



本を書き上げるってのは大変なこと。本の中身がストーリ=性格だったら

表紙はまさに表情、顔。広告屋さんと同じ感覚かな。

ホント、すんげー仕事だ。

編集者を経て、著者の想いを汲んできた数々の本たちと

鈴木氏のおかしくも堅実な仕事の流儀が

若干の照れくささも醸し出しつつ淡々と綴られています。

そんな装丁家:鈴木氏自身が自ら装丁した本の中でも

高い評価をしている本は、さぞ面白いのだろう!

本の内容宛ら、著者が込める作品への思い入れを理解している人でもあるから。


知的でセンスあるお仕事って、本当に憧れます。


comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
オキシトシン“抱擁ホルモン”twitterでの作用
category: オキゴキBOOKS | author: miyamoo
最近気に入って隅から隅まで読んでいる雑誌『クーリエ・ジャポン』

今月号になんだか興味深い記事があったのでちょいと認(したた)めてみる。



経済学・生物学・神経科学・心理学を組み合わせた「神経経済学」という

分野を開拓する、ポール・J・ザック博士のある実験に関する記録より。

“オキシトシン”という人間の脳内で日常的に生成されるホルモンがある。

『愛情の正体』とされるこのホルモンは、人を抱きしめたくなる神経で

いわゆる、抱擁ホルモンと云われている。

神経経済学という分野において、この“オキシトシン”ホルモンは

個人と社会を結びつける“経済的潤滑油”の役割があると言うのだ。

あらゆる状況において人間がいかに“オキシトシン”を分泌するかという実験が幾つか行われ

その実験の一つで興味深いモノがあった。

twitterを用いた実験である。

twitterとは...IDをお持ちの方は説明するまでもないが

見知らぬ人のつぶやきを見て、フォロー・フォロワーという

関係を持ち、コミュニケーションがとれるツール。

もちろん私もTwitter Userである。

実験は、Twitterでの

〔見知らぬ人のつぶやきを見る、状況を知る、またコミュニケーションを取る〕

という、他人に対して、間接的でややダイレクトな状況に際し

脳内に“オキシトシン”値は上昇するのか??というモノ。

結果はすぐ出た。10分間という短時間Twitterを行っただけで

“オキシトシン”は13.2%も上昇したというのだ。



この結果は信憑性に欠けると云わざるを得ない。

それは、Twitterの使用目的が、人によって異なるからである。

この被験者のフォロワー・フォローしている人間が、被験者にとって

どういう対象であるか?ということが、大前提としてあるからである。

にしても、この結果は奇妙である。

Twitterで“オキシトシン”が生成されるのだ。

要は手元のiPhone・PC等のマシンを通した間接的コミュニケーションに

“抱擁作用”が働いたことになる。『愛情の正体』オキシトシンが。である。



ここで、自らの分野を「神経経済学」としているザック博士はこう云う。

---
いずれ、企業は自社に対して、利幅ではなく

信頼要因を問うべき日が来るかもしれない。
---

SNSが企業発展への大きな因果関係となっている現状に対し

人の抱擁力を誘う信頼性が大事だ。としているらしい。

“ま、それは、そうでしょ。”とついつい思ってしまうが...

ザック氏の目的は、[私たちの行動が何よって引き起こされるのか]

という課題について探求することらいし。

確かに、Twitterのつぶやきによる問題発起から

何かしら現象が起こることは、現実として起こっている。

その現象に対し生物学的に証明する事は

使い手によっては、人々を動かす事が出来る要因となるのであろう。



ちなみに、私の場合は。Twitterもリアルの人付き合いも同様で

“オキシトシン”の分泌量は「人による」。です。



Twitter実験とは別に、結婚式での脳内ホルモン分泌量の実験結果も

記されていて、学問的にも俗っぽい視点からも楽しめる講義記事です。



今月の『COURRIER Japon』の特集“白熱講義”おもしろいです。

『モチベーション3.0』のダニエル・ピンクの記事も必読。

COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2010年 10月号 [雑誌]
COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2010年 10月号 [雑誌]
講談社
comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
マイケル・サンデル『JUSTICE』
category: オキゴキBOOKS | author: miyamoo
読み応えのある一冊でした。



マイケル・サンデル『これからの「正義」の話をしよう』



内容は云うまでもなく「正義」を考える。

ハーバード大学で政治哲学の教鞭に立つマイケル・サンデルの「正義」の講義。

建学以来初の公開講義となったこの「正義」の授業は人気爆発で

NHKでもこの春に放送されて話題になりました。



沢山の情報や、新しい犯罪、政治見解、コミュニケーション手段...

コトやモノが増えることで、新しい見解を持って物事に挑まなければ

いけない時代になってきている気がします。

この本は、タイトル通り、これからの「正義」を考える機会を与えてくれます。

自分の価値観や、別の視点や、客観、世論、さまざまな目線から

読み砕いて、また振り返って考える。そんな作業の連続で

じっくり時間をかけて読みました。

アリストテレスといった古代哲学や、カントの近代哲学を引用して

様々な現代の政治や倫理、宗教的思想についての是非を問う。

そうして又新たな視点を発見して、新しい論点に繋がっていき、

こうして現代の思想は広がっていくのだと感じた。

若干アメリカ的思想(保守・リベラル・宗教...)に

どうしても偏っている部分もあるように思ったけど

多様な人種と文化、重んじる宗教の混沌としたアメリカからは

正しい正義感を事例にあげるには、皮肉にもピッタリだと思う。



興味深い一説を要約して挙げると

“組織によって相応しい善がある。
 それを無視して役割や正当性を割り当てることは、
 ある種の堕落につながるだろう”

このとき、役割や正当性とは、裁判・法律や宗教的観念を示す。

要は「ケースバイケースにする」という言葉で片付くのだが、

“堕落につながる”という節に、それを実行することの

重要性を強く言及しているように思う。

そして、それがいかにも困難であるということだ。



全体を通して感じたのは、

「自己責任」も自由を持つ為の一つの手段である。

という事。

アメリカは自由主義であり又自己責任(保険や社会保障等)の国であると

よく言うけれど、極端な例が現在の悪化した状況であり、ただそれを真似る事は危険な道だが

人間は、自分への責任という意識を持ち直していくべきだ。

そうした思想を個々が持つことで、新たな正義の定義が生まれていくのだろう。



これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学
これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学
マイケル・サンデル,Michael J. Sandel,鬼澤 忍

comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
『絶叫委員会』 穂村 弘
category: オキゴキBOOKS | author: miyamoo
新幹線での移動車中、声を出して笑った。

引き笑い。その文面を見るだけで思い出し笑い。

知的感性で攻めてくるから、笑いと共に感心してしまうのが又イイ。

漫画ではない、活字のエッセイ集:『絶叫委員会』 穂村 弘


絶叫委員会
絶叫委員会
穂村 弘


日常で見聞きした印象的な言葉たちについて書いた本。

集会のお話でつい残念な結果に噛んでしまった校長先生の勢い。とか

電車内でのサラリーマン上司と部下の会話の中の上司の思い込み。とか

聞くに堪えない理不尽な言葉のナンセンス。とか

日常無数に落ちてる言葉も、拾い様でこんなに面白いのか!と

穂村 弘のアンテナにワクワクしてしまう、面白い本です。




いま、引き続き同作者の『本当はちがうんだ日記』を読んでます。

かっる〜〜〜い感じで。


comments(4) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
『教科書に載った小説』佐藤雅彦 編
category: オキゴキBOOKS | author: miyamoo
珍しく、本を一冊読みきった。活字は、めっぽう駄目。

なにより、本を買うのが苦手なのである。

どれがイイのか分からない。CDなら大丈夫なのに、不思議。

読んだのは、昨日、NADiffで買った『教科書に載った小説』佐藤 雅彦 編。



タイトル通り、教科書の国語で採用されている小説が12篇ある。

中学の国語から、高校の国語・現代文。出版社もマチマチだ。

この本を読んでいると、なんだか懐かしい気分にもなる。

というのも、やはり教科書として選出されている小説だけあって

ただの(というのもなんですが)小説とは趣が違う。

国語の授業など、特に聞いていなくてもテストの答えは問中にあるものだと思っていたし

なにしろ、国語のテストに感想文があり、それに採点されることに疑問を持っていた程の

ひねくれモノだったのだから、教科書を真剣に読んだ記憶もあまりないが

あの頃、義務的な時間を過ごした時に眺めていた文章たちに趣が似ている。(気がする)

12篇とも何度も読んで理解を深めたい、専ら教育的なものである。

この教育的というのは、義務めいたものではなく作品としての温かさ。

本屋の平置きにこそ陳列されないが、作品としては秀でていて

また、教育用としての共通性の様なものも感じられる。

佐藤雅彦氏のあとがきにもある。

“成長する道程に置いていくので読んでほしい、というかすかな願いが、

これらの集合から感じられたのである。”



私にも読めた『教科書に載った小説』。お薦めいたします。


comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
最近の読んだり
category: オキゴキBOOKS | author: miyamoo
あまり深く興味もないので、本などは殆ど買いませんが

やはり、なにか読まないといけない。と思い

旦那様の本棚を物色したりして、本やらDVDやらを散策。

本を読むのも性格上一苦労なのですが、ようやく読み終えたのが

伊坂幸太郎『ゴールデンスランバー』

ゴールデンスランバー
ゴールデンスランバー
伊坂 幸太郎

来年、堺雅人主演で映画化されるとどこかで見てから気にはなっていて

旦那様の本棚に普通にこの本があったときは、ほほぅ...と感心したもので。

って、なんで上から目線なのかはさておき、

時間軸が前後したり、巧妙なストーリー展開と

ラストへ疾走する感じは興奮しました。ふむ。

伊坂幸太郎の作品は、前にもオキゴキのシゲキで『重力ピエロ』(映画)を

書きましたが、どうやら私はこの手が好きみたいです。

東野圭吾も好きです。

なんだか映画化されてる作家さんばかりで、自分はミーハーなのかと思うのですが

とくに興味もない本の世界に、こうして素直に入れるきっかけというのは、

こういう売れっ子さんが、自分には十分すぎるなぁと思います。
comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
OTHERS
SEARCH


PROFILE