TOKYOお気楽極楽日記。コッチコチだね、なんか。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>


オキゴキの感想を
Tweetしよう!



[オキゴキfavorite]
台湾旅行
category: オキゴキTRAVEL | author: miyamoo
3月の中旬、3度目の台湾に行ってきました。
旅のお供は、勿論いつも一緒Chiakiちゃんです。
2泊3日、今回も濃厚な旅でした☆
いつもは変身写真でアガって、変身メイクのまま街に繰り出したりしてましたが
今回は、陶器を探す旅!
迂闊にも体調を崩すアクシデントありでしたが、、、
優しくたくましいChiakiちゃんのおかげで安心して回復。
最後まで笑顔で楽しい旅でした☆
ではでは、沢山の素敵なお店ラインナップいたします。

ホテルは、【美麗信花園酒店(ミラマーガーデン)】@忠孝新生
Chiakiちゃんのホテル目利きのお陰で、安価なツアーに豪華なホテル。幸せ!!
キレイで絢爛で、しっかりしたホスピタリティ。大満足でした。

着いたらまず小籠包!
今までは、鼎泰豐や京鼎樓に行ったので、ちょっとローカル店へ。

【済南鮮湯包】@忠孝新生
台北市濟南路三段20號
大袈裟じゃなく、いままで食べた小籠包で一番でした。
次回もココにきっと来るでしょう。

【建国仮日玉市】@忠孝新生〜大安森林公園方面 建国高架道路
高架下がずーーーーっと市場になっているエリア。
玉市や花市、市場がずーーーっと!玉市って?玉市って、宝石や珊瑚の原石を売ってます。
え??こんな高価なもの、雑に並べてんの?という驚きとすごい量にビックリ。
そして、店主はだいたいなんか食べてる。コレ、台湾あるあるですね。

PEKOE】@忠孝敦化
閑静な住宅街にある、静かな自然派食品店。キッチン雑貨も揃ってます。
台北のお洒落店の陶器などは、大体日本のモノですね。
ココでも、柳宗理のカトラリーやお鍋、白山陶器なんかがありました。
ドライフルーツが人気みたい!私は茶葉を。PEKOEブランドのBlackTEAを購入。
とってもフレーバーが濃くて美味しいです。お気に入り。
ドライフルーツは日本からもwebで買えるトコロがあるみたい。

【忠孝敦化エリア】
毎度来ます、お洒落エリア。文化がどんどん進んでるって感じ。
コノ辺は、おしゃれなガールズが多い。意識高いです。
前回の旅で出会って大好きになった、V.V.G系列の店は又行ってきました。
大好きな本屋【V.V.G Something】
本屋のお向いの手芸アイテム屋【V.V.G Chiffon】
手芸アイテム屋のお隣の素敵なカフェ 【V.V.G Table】 などなど

【誠品信義店】@市政府
台北好きなら必ずチェックしてる施設ですが、ゆっくり散策するのは初です。
海外雑誌を多く取り扱う、ジャンルも豊富な感度の高い本屋。
アパレルショップや雑貨店もいい感じ。フードコートでお茶休憩などなど。
【天仁茗茶】
定番です。毎度のタピオカミルクティーです。
なんと30分待ち。この日は日曜だったからかな?誠品信義店は大勢で賑わってました。
【ジャン心比心】
台北に行ったら必ず買って帰ろうと決めてる、生姜のコスメです。
ルームフレグランス・ハンドソープ・石鹸・ボディローション・シャンプーを購入。
永康街や台北駅の方にもお店があります。
2度目の台北旅で行った、永康街の路面店の方がいい感じ。

smith&hsu】@市政府
洗練された茶器や茶筒がカッコイイcafe。
ガラス製のロゴ入り茶筒を購入。とってもお気に入りです。
1度目の台北旅の時に行った、中山の路面店の方が広くてゆったりしてます。

泉發蜂蜜】@忠孝新生
ハチミツのコスメ☆ローションやクリーム、リッピバームやヘアケアまで沢山!
もちろん食べるハチミツや油もあります。
ハチミツを購入。お料理やトッピングに、自然の甘みが贅沢な美味しさ☆

【夜市:華西街観光夜市@龍山寺】
地元感の強い、商店街なども入り組んだ賑わいある夜市。
食べ物より物販店が多い印象。見てるだけで楽しいです。
お決まりの魯肉飯と湯麺を食べてブラブラ散歩。ちょっと危ない系のオジサンが多い。w
スナックからカラオケが聞こえたり、路上でおっさんがマッサージしてたり...。
こういうアジアな雰囲気、大好きです。
でも、夜も深くなるし、ちょっと雰囲気危ないね・・・てことで
龍山寺あたりからタクシー拾ってプイっと帰りました。

【陶器老街】@鴬歌(インクー)
今回の旅の目的でもある、陶器散策。
台北からは、電車にのって30分くらいだったかな。運賃は片道31元。
たしか、各停的な電車しか止まらないらしくて、ちょっと不安だったけど
切符売場で親切なオジサンが声かけてくれて、乗車月台(ホーム)を教えてくれたので
感謝感謝でした。
鴬歌駅から陶器老街までは歩いて20分くらい。
交通量も多く、屋台や店が道に迫り出してるので、歩くのに一苦労。
でも、ローカルな景色に出会えたので満足の散歩。
街は素敵な佇まいで、しっかり観光地。どこもかしこも陶器屋さん。
かわいい!と手に取って、大皿でもお値段50元とかなので、ついつい買い過ぎます。
幸せ満々で両手いっぱいに購入。

台北之家】@中山
映画監督が仕掛け人の雑貨やカフェ、シアターもある施設。
元米大使館の洋館を改造した建物は、趣があって、少し静謐な品があります。
台北市内の雑貨屋さんのアイテムがセレクトされてて、台北の今を一斉に見られる。
同じく中山にお店を持つBoodayの雑貨も。Boodayかわいいです。


【永樂市場】@迪化街
お気に入りの迪化街。そこのシンボルの布市場です。
その中でもお気に入りなのは、メインの入り口からほど近いところにある
『右翔進口稼飾布』という店で、粋な帽子をかぶったおじ様が看板店主です。
素敵なタッセルなんかも、20元くらいで買えます。
インテリアのアクセントになる横長クッションのカバーなんかも多々。
50元くらいだったかなぁ。ディスカウント交渉しようと値段聞いても
元値が安すぎて即買です。ココはほんとオススメ。

永樂市場のまわりには、小さな商店も沢山。
レース専門店やキラキラビジューの裁縫雑貨などなど。
ファッションデザイナーを目指す学生さんみたいな人達をよく見かけます。
とにかくコノ迪化街は本当に大好き。
新旧が混在するエネルギッシュなエリアです。

【小藝呈】@迪化街
カラスのブランドマークの雑貨屋サン。
オリジナルやセレクトも諸々。
迪化街がどんどんお洒落に進化していくのを感じた良いお店。

【洪春梅西點器具店】@迪化街
キッチン雑貨。小さな店舗で見逃しそうです。お菓子作りのアイテムが揃ってる。
ガイドブックで見た、台湾の形をしたクッキー型が欲しくて買いに行きました。
他にも珍しい形の型なんか色々あるのでお菓子作りが好きな人には楽しいお店。

【橋頭麻辣火鍋】@忠孝敦化
敦化南路一段157號2樓  忠孝敦化駅から徒歩3分くらい。
台北で大人気のお店らしくて、前回は予約を取り損ねて断念したお店にリベンジ!
予約ゲットして、念願の火鍋!お店は満席、人気です!
ベースのスープを2種選んで、基本のお野菜に+色々入れたいモノをオーダー。
お肉、海鮮などなど、種類は豊富!
これが、予想以上に辛くてビックリ・・・!
しゃぶしゃぶして食べるのだけど、辛い方にはちょっとしかダイブさせる事が出来ませんでした。w
けど、美味しかった!沢山食べて汗かいてデトックス気分!

V.V.G Thinking】@華山創意文化園區
大好きなVVG。ココは、1Fがcafe、2FがBook Shopや雑貨を扱うSHOPです。
華山創意文化園區はARTの精通するエリアで、元々は工場だったところにテナントが入り
それぞれに個性的で、趣のある居心地のよいエリア。
芝生の広場が開けてて、開放的。日本でいうと赤煉瓦みたいな感じかな。
内装がとにかく素敵。無垢な感じに細かく意識の行き届いた素材のチョイス。見習いたい!
床のタイルが特に素敵でした。
ココは旅の最後にいったトコロで、フィナーレを飾るのに最適な本当に素敵な空間でした。

今回の台北旅も幸せいっぱい。大満足でしたよぉ。
2年に一度のペースになってきた台北旅。
観光より、どんどんローカル色にハマっていくのが心地よく楽しいです。
もっともっと台湾通になりたい☆今度は高雄とか南も旅したいです。
台北の何が好きって、人が好き。なんか、全員性格よさそうw。
国柄って、やっぱ個々の人なんだな〜って思ったり。

今回のブログ記事は、もうすぐ台北に転勤になる友人のmilkeyに贈ります。
きっと台北で素敵な出会いがありますように☆
Enjo----y Taipei!!! with LOVE!!!



comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
強羅花壇
category: オキゴキTRAVEL | author: miyamoo
年末がお誕生日の旦那さんに、一年仕事で酷使した体と脳を開放してもらおうと
箱根の【強羅花壇】への一泊旅行をプレゼントしました。
事前に仕込んだ箱根ロマンスカーは、web予約オープン時間にクリックして
最前列を確保!東京を離れるにつれて移ろう景色。富士を拝みつつ...幸せの時間。


と思いきや、肝心の旦那さんは、乗ってから降りるまで終始MacBookの画面しか見てませんでした。

エニウェイ、束の間の普段と違う時間を求めて、箱根到着。
初めての彫刻の森美術館を楽しんでのち、早々に寛ぎの強羅花壇へ向かいます。
強羅花壇に電話して、現在地を言うとお迎えに来てくれました。メルセデスです、わぉ!


旦那さんも、仕事を忘れてご満悦の笑顔。うむ、お誕生日おめでとう。
いよいよ強羅花壇へ。

【強羅花壇】建築家・荻津郁夫 設計


さり気ない門戸をくぐると、玉砂利と石畳みのキレイなアプローチ。
袴姿のスタッフさんがまた素敵。
奥の洋館は、旧閑院宮別邸。こちらはお食事するトコロです。
レセプションも大袈裟に構えすぎず、品があります。


そして出迎えてくれるコノ回廊。黒曜石の床と木製サッシが開放的。本当にキレイでした。


我々がお泊りするのは、メインの館からは離れになる「泉心」。
2013年春にリニューアルされた際に、露天風呂などを増設されたそうです。
長い回廊の途中の引き戸から外に出て行きます。


離れのお庭に入るところには小さな門。プライベート感が増してワクワクします。


階段が続くので、注意して歩きます。お庭は言わずもがな美しいです。


離れ「泉心」はけーーーん。


軒先には鋳物の行灯。


2枚扉の玄関。石の脱ぎ場が粋。


廊下と前室を経て、本間。着くやいなや仕事をする旦那さん。


露天風呂!籐の椅子とオットマン!景色は最高!


お風呂のある裏手はこんな感じ。


露天風呂と別に、室内にはシャワーブースもあります。
洗面と手洗いのエリアはこんな感じ。


洗面台。


強羅花壇ハンガー。こーゆーのって、つい欲しくなっちゃうー。


この日は冬至。柚子と季節のお手紙。柚子湯、ゆっくり楽しみました。


そして、お誕生日の旦那さんにお花の贈り物も。嬉しい!


プールにも行きました。地下に位置するプール。入り口の演出がカッコ良い。


プールサイドでも仕事する旦那さん。安定してます。勿論私は泳ぎました。


お夕食前の一服。床の間や欄間も美しいですが、旦那さんまだ仕事してます。


お夕食の時間になると玄関先までお迎えに来てくれました。
夜のお庭の石段は危なかったりしますしね。
さあ、ごはん!お献立です。


お魚!!というお献立でした。
お誕生日ケーキは館に合わないので、鯛のお頭とお赤飯でお祝いです。
もうお正月も来ちゃったようなめでたさです。


ご満悦で離れに戻ると、寝間の用意がされていて、パジャマも用意してくれてました。
そのパジャマの白装束が、とある危険な信者っぽいとか言って胡座でジャンプし始めた。


大声出して笑って遊びました。離れなもんで、はしゃいだってへっちゃらです。
お陰で解脱できたようです。

翌朝も良い天気。朝ごはん。


左の桐の箱、小さくいこる炭が入っていて、その上に焼き海苔が。
こんなの初めて見たので、ちと感動。
丁寧なおもてなしに日本人の奥ゆかしさを知りました。

朝ももうひとっ風呂。今度は大浴場へ。回廊を歩きます。


回廊脇の砂利には瓦を埋めて飾られた中庭。


瓦かよ。オシャレすなぁ。


回廊を抜けて、また素敵な石畳と扉を抜ければ浴場です


大浴場はこんな感じ。奥に露天もあるよ。あぁいい湯だな。


離れだったので使うことのなかった本館のエレベーター。ボタンのプレートが超ツボ。


こうして、旦那さんのお誕生日贅沢な強羅花壇での時間はもう終わり。
もう仕方の無いことですが、旦那さんより私の方がゆっくり満喫しました。

がしかし、お帰りの最後の最後、ロビーでの待ちでとんでもないのが出ました。
ココ何年と見ないWピースです。すごいショットです。


旦那さんも楽しかったみたいです。良かったです。

記念写真を撮ってもらい、帰路に。
「お撮りしますよ」とお声頂き、それに甘えると
そうこうしてる間に額入りでプレゼントしてくれました。なんたる早業!

スタッフさんのおもてなし、素晴らしかったです。
気の配り方、サプライズ、全てに品があってこちらも凛としました。
沢山の思い出を自宅に持って帰る事が出来て、胸いっぱいの強羅花壇でした。


次の一年も働いて働いて、ちょっと贅沢して思い出つくりいたしましょう。



JUGEMテーマ:旅行
JUGEMテーマ:アート・デザイン
comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
HAWAII
category: オキゴキTRAVEL | author: miyamoo
ようやくの人生初ハワイです。
女友達と二人、ホノルルで4泊6日、ゆるりとしたHoliday。

=Relax編=
【The Royal Hawaiian Band】
ホノルルに到着した日時が、ちょうど金曜のAM11時半頃。
金曜のAM12-13時だけ行われるイオラニ宮殿内のブラスバンド。
慣れない町に戸惑いながらタクシーでイオラニ宮殿まで急ぎました。
自然と人が集まって、皆椅子に座ってのんびり鑑賞。
フラも始まり、気分はもうロコです。
コレが旅のスタートでした。幸先の良いタイミングです。

【Honolulu Museum of Art】
ハワイの美術館となるとこうなのか!と胸キュンしまくりの素敵空間。
なにかと刺激的だけど、ゆるい空気の流れる美術館。大好きな場所になりました。

【ワイキキビーチ】
日光浴したり
朝散歩したり
最後の別れを惜しんだり。
旅の間、何度も訪れました。

【ホノルルの夕日】
どこにいても、夕日を必ず見たい。滞在中は必ず夕日を見よう!と決めていました。

【ヒルトンの花火】
到着した金曜の夜。毎週金曜がヒルトンの花火です。
Fort Derussy Parkがよく見えるとのこと。
行ったものの、結構時間的にギリで半端な花火鑑賞になりました。
でも、旅先で見知らぬ人と花火を眺めるって、いいですね。
Grays Channelのビーチで夕涼み。

【ホテルのプール(シェラトン・プリンセス・カイウラニ)】
高級ホテルではなかったけど、ゆったりプールは贅沢な時間でした。

【天国の海ツアー】
船に乗って、沖へ。この時、朝6時とか。
サンドバーで朝焼けを眺めます。本当にキレイだった。
沖に出たのに歩けるの。土の盛り上がったサンドバーを歩きます。
あいにくの曇り空だけど、海はとてもキレイ。
シュノーケリングでウミガメさんと泳げましたよ。珊瑚の上で休憩中のカメさん。感動!

【ドライブ】
ホノルルからカイルアにレンタカーしてドライブです。最安値でシボレー。
レンタカーのナビを付けてもらうのには「Navigation」ではなく「GPS」。勉強になった。
気ままにドライブ。カイルアから帰りはオアフ島の東南側の海沿いを走りました。
夕日が沈む前にホノルルに戻りたい!と急ぎますがHigh Wayで夕日を拝みました。
しかし、みんなとばすとばす。慣れるまで怖かったです。

【Kailua Beach】
静かでローカルなビーチ。ゆったりしました。大好きな場所になりました。

【Sandy Beach】
ドライブがてらフラッと寄り道。
かなり高い波で、サーファーがガチでかっこ良かった。

【Nuanu Pali Lookout】
高台にある展望台。こんな場所にフラッと行けるのもドライブならでは。
ハワイの戦いの歴史のある場所です。
素晴らしい展望を期待しつつ、かなり山を登ったこのエリアは霧霧霧・・・
一瞬霧が晴れたスキにパチリ。
道路から入り口はピンカーブかつ、いまいち分かりづらい。
この看板を見逃さないように注意です。ちっさ。

【Diamond Head】
予想以上にハードでしたが、頂上からのホノルルの眺めは最高!
隣のおじさまの背中ににじむ汗が頂上までの苛酷さを物語るのです。ああ、暑かった。
ふっふぅうぅ〜〜〜。



=EAT編=
【WAILANA COFFEE HOUSE】
24時間OPENのロコ御用達のお店。ベーコン添えてココナッツミルクかけて。
オムレツも美味しい。USのボリュームがイマイチ掴めず頼みすぎるあるある。
ココナッツミルクは美味しかったので2本買って帰る。

【MOKE'S】
早朝ドライブして、カイルアで朝ごはん。
中目黒にもありますね。

【Hau tree ranai】
夕日を見ながらDinnerには最適。OpenTableで予約も楽チン。

【Olive Tree】
ギリシャ料理。カイルアからのドライブで立ち寄り。
ホノルル中心部からはちょっと行くの面倒かも。

【Bogard's cafe】
ダイアモンドヘッドの帰り道。エッグベネディクトが美味しいのだと。
ロコさ満点のイイ感じなお店。店内にトイレが無いので注意。

【マイラン】
芸能人もよく訪れるそうな。高倉健さんの写真なんかも。
カニのカレーが美味しいって「必ず行くように!」とハワイ通の友達に推されて
本当に来てよかった!今度は大人数で行って色々食べたい。
マスターからサービスでもらったパイナップルも良い思い出。

【高橋果樹園】
ホノルルに行けば、みんな行ってるみたいですね。とても美味しかったです。

【King's VilalgeのFarmers Market】
新鮮なフルーツとかチマチマ買って、ビーチで食べました。
何食べても美味しいです。

【Whole Foods Market】
店見てるだけで楽しい。みんなスキって言うの、ようやく理解。
量り売りの惣菜買って、カイルアビーチで食べました。

=SHOPPING編=
【FISHER HAWAII】
ホームセンターですね。可愛い文房具とか沢山買いました。

【OLIVE】
カイルアのセレクトショップ。本当に行きたかったお店なのでかなりはしゃいでます。
通りすがりのおじさんに撮影してもらいました。
ジョナサン・アドラーの置物を買いました。

【WILLIAMS SONOMA】
お洒落なキッチン雑貨。ハロウィンが近かったのでディスプレイも素敵でした。
ガイコツの手の絵が描いてるゴムベラを買いました。めっちゃカワイイです。
お店は、アラモアナ・センターの中にあります。

=超ローカル編=
バスに乗りました。ちょっと変わった人とかいて、怖かったです。
観光客の方が目立つホノルル。地元の人は素朴に暮らしています。
小さな路地にも、夜は商店がズラリ。台湾の夜市みたいで楽しかった。

【旅の戦利品たち】
写真は撮ってないけど、【Mu'u Mu'u Heaven】はホント天国で終始胸キュン。
【Eggs'n Things】もお土産に粉買ったり。【TAZO】の紅茶などなど。



ハワイが好きな人って、ほんと好きですよね。
ちょっと大人になってしまってからの初ハワイだったので
それを理解しにいく旅になりましたが、ふぅむ、なるほど。納得でした。
また来るね!ALO---HA!!!!!



JUGEMテーマ:旅行
評価:
---
主婦と生活社
---
(2014-07-04)
コメント:今回のHAWAII旅のお供であるメインガイドブックはこれ。ハワイ通の友達からの太鼓判つきガイドブックです。ゆる〜いハワイ旅がしたい私達にピッタリでした。

comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
軽井沢 万平ホテル
category: オキゴキTRAVEL | author: miyamoo
とある秋の日、軽井沢に一泊してきた。

以前から泊まりたかった『万平ホテル』。



生前ジョン・レノンとヨーコが余暇を過ごしたことでも有名だけど

最近は映画『風立ちぬ』の中でモデルにされているとか。

『風立ちぬ』への想いはひとしおなので嬉しい。

お部屋は、ウスイ館スーペリアツインのクラシックタイプ。



ベットサイドの木引戸が素敵です。



朝目覚めてすぐ木漏れ日を拝む幸せ。



猫足のバスタブとレトロでモダンなバスルームが素敵なお部屋。

バルコニーはすぐ雑木林に出られて

窓いっぱいに自然の風が満面に通る。



この旅の目的は、いつも脳と体を酷使して働く旦那さんを

少しでも日常から離れてゆったり過ごしてもらう事。

しかし、ホテルに着くやいなや…

MacBook開いて館内でWi-Fiの繋がるエリアとお部屋を右往左往。

ちなみにお部屋にLANケーブルは完備。

可哀想なほど忙しい旦那さんにはどうもしてあげられず

とにかく一人部屋で寛ぐのでした。

珈琲と読書と昼寝。



今ちょうど近代モダン好みのお施主様とのお仕事をしているので

館内を見学しながら大正モダンな素敵なディテールを探索。



美しい内装の設えにうっとりお勉強。

良いインプットになりました。

ゆったり朝食、気張らないおもてなし。



流石の万平ホテルでした。



別荘を眺めながらの軽井沢散歩。

いつかこんな生活が出来るとイイなぁ

なんて叶いそうもない夢を見ながら

久しぶりに2人で澄んだ空気の中を歩きました。



comments(1) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
台湾旅行
category: オキゴキTRAVEL | author: miyamoo
二度目の台湾に行ってきました。

今回も一度目でお供した素敵女子との二人旅。

二人して台北の人や街やモノにメロメロです。

大凡の目的である変身写真で遊んだり、

今回は九份にも足をのばしました。

二泊三日、十分満喫して遊べるのもご近所さん台湾の魅力。

主に雑貨を巡った旅の街歩き!

特にステキだったお店をご紹介。


【忠孝敦化】

■VVG Chiffon 好様喜歓

裁縫雑貨。
アースカラーな素材が活きた生地やレースなどなど
素敵がいっぱいに詰まったお店。
店内の窓からは隣の店で出すパン作りが見える。
お店のテラスにはちょっとしたお席もあって
夜にまた訪れると、お洒落な地元っ子達が
楽しそうにお喋りしてました。

■VVG Something好様本事
本と雑貨。
VVG Chiffonのお向かいさん。
VVGは台北で何店舗かの系列店で
どこもハイセンスで日常に寄り添った空気があります。
本は、日本のデザインや民藝書等が目立つ。
雑貨は普段の生活がグッと機能的で美しくなるような
素敵なセレクトです。
ココで、白い一輪挿しを買いました。


■VVG BonBon好様棒棒

カップケーキのカワイイカフェ。
ランチを食べました。台北の食事としてはかなりお高いです。
味は、これなら日本で食べればイイかな!って。
でも、とってもカワイイ空間で
台北のお洒落カフェスタッフを見ながら
日本との似通った文化を見た気持ち。

■橋頭麻辣火鍋

人気の火鍋とのこと、意気込んでいくと
予約がないと入れないとのこと!
翌日の予約も取れなくて、ショック!
私達が肩を落として帰る階段を
沢山の地元のお客さんが笑顔で昇っていきました。
次回、必ず!!



【南京東路】
■白色階梯変身写真館
変身写真。
すっかりハマってしまっている変身写真。
変身写真経験者の友達の写真が
色んな意味で凄かったのでw
聞いてやってきたのがココ。
前回は、阿法冩眞館ってとこでした。
今回の方が、メイクや衣装替えも素早く豪華に変身出来た気がする。
翌々日に写真を選びに再訪。写真の選定は無料。
カメラマンやスタッフが気さくで楽しく
帰る頃にはLINEやFB交換したり
もうすっかりお友達。
変身した写真はとてもUP出来そうにない
色んな意味で際どいモノになりました。



【永康街】
■鼎泰豐

小籠包でおなじみのディンタイフォン。
いうまでもなく美味しい!
日本人も地元の人も大勢。待ち時間は40分程。
先に番号とメニュー表をもらって
伝票に注文を書き込んだらスタッフさんに渡す。
あとはフラフラ街歩きしてれば、あっという間。
私達はフラフラし過ぎて、番号が過ぎちゃってたけど
きちんとお席は用意してくれてて
とっても親切でありがたかった。

■薑心比心

オーガニックコスメ。
生姜のフレーバーが人気のボディケアやフレグランス。
雑多な通りの開け広げな間口とはうらはらに
とても丁寧でお洒落に構成された空間。
ディフューザーとボディクリームを買いました。
使い心地も香りも○リピートしたいです。

■豊盛食堂

家庭料理の美味しいお店。
窓際に置いてあるバナナはサービス。
一皿結構ボリュームあるので大勢で行くと楽しみも倍。

■圓融坊

インテリア雑貨。
台湾の伝統的なモチーフを使ったテキスタイルや小物雑貨。
お部屋がちょっとラグジュアリーになるような
素敵なアイテム。

■品墨良行

紙がテーマのアートや雑貨など。
デザイン事務所と併設のショップ。
紙粘土細工の展示が可愛かった。
子供たちの描いた絵が表紙のノートとシールを買いました!



【市政府】
市政府は台北101などの高いビルや公的機関の厳粛さと
古い街のコントラストが素敵なエリア。


■好,丘 (四四南村エリア)

元四四南村をアートな空間にリノベーションしたエリア。
オーガニックな食材やデザインモノの雑貨。
Simple Market・カフェやギャラリーもある。
朽ちた壁とカラフルな扉が村の面影を残す
雰囲気は最高に良い。


■L'HERBOFLORE (台北101内)
台北101のB1Fにある小さなお店、パック屋さん。




【迪化街 】

台北で1番古い商店街。
乾物や繊維製品の市場のある問屋街。
宿泊はこのエリアのホテル『シティスイーツ』でした。
快適過ぎるキレイなデザイナーズホテルでした。

■南街得意/民藝逞

柳宗理や白山など日本の民藝も扱う
キッチン雑貨・茶器・茶房。
明るい陽だまりと高い天井、
丁寧に設計された居心地の良い空間。


■永楽市場
繊維問屋街で目が回る程の生地に囲まれて幸せ。
お気に入りのタッセルを安く買えた。


■永楽市場清粥小菜

地元の人に混じって朝粥!
お粥のお椀を取ったら、好きな惣菜を選んで
おばちゃんに小皿によそってもらいます。
お粥と小皿2品で75元!!

■(名前を知らない籠屋さん)

迪化街も北までずーっと抜けると
籠など竹や木細工の店がちらほら。
ふらっと入ったお店で超絶かわいい籠に遭遇。
赤ちゃんの泣き声の響く和やかな店内で
汗びっしょりなかわいい小太りおじちゃんか500元で購入。



【九份】
台北から車で1時間。
千と千尋の...のモデルになった小さな町として日本では有名。

湯婆の館のモデルになった建物はお茶屋さん。
ここで九份の急な坂道で疲れた足を休ませます。




【松山】
■饒河街観光夜市

前回は一番大きい夜市・士林に行きまして
今回はこちらの松山夜市に。
こちらは一本道に左右に出店が出てるので
行って帰ってで全ての店を覗けて嬉しい。
ニューロー飯やパイクー麺。
マンゴーかき氷にニラの肉饅頭。
食べ歩きにプチプラ雑貨。目がキラキラしちゃいます。

帰りは、ホテル近くの迪化街の夜市へはしご。
ピンボールみたいなゲームが人気で
夢中になる子供達が可愛過ぎてしばらく眺めてました。




これ以外にも地元の商店やお茶屋さん。
出会いも別れもあり素敵な人モノに囲まれて
二泊三日と思えない程盛り沢山な旅でした!

次はいつ行こうかなーーーー!!
comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
Amsterdam/DenHaag:小さなMuseum
category: オキゴキTRAVEL | author: miyamoo
AmsterdamとDen Haagで見つけたカワイイ小さなMuseumをご紹介。

Amsterdamでmoooiからの帰り道のお散歩中にたまたま見つけた「Turip Museum」
カラフルなlogoにつられて入ってみる。
とても狭いけど、なにやら期待させる空間でもあります。
チューリップの何を伝えているのか分からなかったけどw
仕掛けが楽しい小さな小さな美術館。


DenHaagの駅から近かったので寄ってみた「Children's Book Museum」
子供の本の展示です。とってもカワイイインテリアです!
駅付近のマンションやらビルやらの何処か迷い込んだら着きました。
外観周囲はこんななんてない雰囲気。
コーナーごとにテーマがあるらしくて、いろんな空間が楽しめます。



なにかとカワイイです。
ドアノブとか。
サインとか。トイレ・・・どっち・・・?
グラフィックを素敵にインテリアにしてます。絵本の中にいるみたい!

広い吹き抜け部分に作られていて、上から全体を見ることも出来ます。
こんなかんじ。

ワクワクする仕掛けが沢山。
技術だけじゃなくてアナログなデザインも+されてて楽しい空間です。
子供の頃からデザインの楽しさを感じる事ができるって、とても大切!



JUGEMテーマ:旅行
comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
Amsterdam:SHOP編
category: オキゴキTRAVEL | author: miyamoo
Amsterdamのいろんなお店。
主には、De 9 Staatjes と呼ばれる、9マス目の通りのSHOP。
好きなものに出会える、間違いのない通りです。

【Van Ravenstein】
オランダのデザイナー[Viktor&Rolf]のアイテムを買えるのは、アムスでもココだけ。
必ずサングラス買って帰ろうって思ってたけど、ココにも無く無念。
デパートのバイエルンコフに行って聞いても取り扱ってない!Why!!アムス!!
ココは、アムスではあまり見ないモードなショップ。
マルジェラ、ドリス・ヴァン・ノッテンとか、お隣ベルギーのブランドが多め。
レディスが主で、メンズは少なかったかな。
シュッとした店内、素敵でした!

【COS】
まだ日本に来てなかったCOS。H&Mの姉妹ブランド。しっかり買いました〜。
フィッティングにかなり並びました。人気!
スタッフさんも皆めっちゃ可愛くってフレンドリー。
会計の時、カードにサインする時
私の漢字を見て「cool!」って喜んでた☆
「Have a nice day!」「you too!」「Bye~~」って
海外でお買い物する時のこのカジュアルな挨拶、大好きです。

【たまたま入ったお店1】
インテリア雑貨のカワイイお店!!
なんていうお店か名前が分かりません。
9streetの地図のマスでいうと「真ん中の右の川側の角」あたり。
たぶんコレで見つけられると思います。

【たまたま入った店2)
アンティークの家具屋さん。東欧の雰囲気もあって、素敵でした。
大好きなインテリアショップ「フローズン・ファウンテン」を出てから行ったので
あの辺だったと思います。
9streetの地図のマスでいうと「左下のマスの川側」あたり。

【たまたま入った店3】[KLEIKO LEKTIEF]ってサインがありますね。
陶器のお店。めっちゃ可愛かった!!
笑顔が印象的なカワイイおばさまが一人お店番してました。
キャッシュオンリーです。デザインも値段もカワイイお店です。
コレ買いました。

【マグナプラザ】
ダム広場近くにあるデパート。スゴイ迫力ある建物です。
昔は郵便局だったらしい。入ってるテナントもほどほどなので
買い物というより、見て楽しむという感じ。
インテリアも荘厳です。

【droog】
まいど!droogです。
休暇日と思っていたら開いていたのでラッキーです。
sek君の設計するpapabubbleのお向いがdroog。素敵な立地です。
ティーカップソーサーなどインテリア雑貨買いました。
出会えなかったViktor&Rolfの代わりに、Proofの木製サングラスを買いました。

【OPTIONS!】
アムス中央駅からあるいてまもなく。新しいSHOP?
ロイドホテルでも紹介されたので、行きました。
デザインモノのプロダクトなどなどがセレクトされてます。
9Streetで見たお洒落雑貨もこっちでセレクトされてたり
ココにくると、色々「今」がまとめて見れる様なSHOP。

【Precinct 5】
Amsterdamのアーティスト「Parra」のデザインするアパレル「Patta」を求めて。
sek君が教えてくれたSHOP。
NIKE、stussy、YOSHIDAカバンもありました。
店内もかっちょいーです。ストリートのお洒落男子がチラホラ。
街を歩いててお洒落な人ってあんま見ないけど、SHOPに入ると
やはりという感じで色んな人を見ることが出来て楽しいです。
アムスのSHOPは間口が小さく閉鎖的なので、ちょっと入る時緊張するけど
入ると一気に世界が広がります。
無事、PattaのTシャツを買えました!

【Latai】スープの美味しいごはんやさん
こちらは、sek君の現場流れでアムスのpapabubbleのオーナー氏に紹介してもらった
地元っ子の御用達のお店っぽいです。笑顔の素敵なお兄さん。
店内もとても雰囲気あっていいです。時の経過を感じるよいお店。
ぬこもいました。ぬこぬこにゃー。
病み上がりの私には美味しいスープが染みました〜〜〜。

【レンブラント広場のスタバ】
スタバの発信するお洒落スタバシリーズ【The Bank】
お菓子の型の壁。風車をためらいなく出すオランダの風度合いが好き!
なんてない手洗いも素敵。
思い出深い場所になりました。

【Moooi】
インテリアメーカーのショールームです。
ちょっとだけ離れたエリアにあるので少々ココに時間とらないといけません。
見ておかねば!という気で行ってきました。




安定のmoooiでした。



残念ながら旅先で体調を崩すのが常なので
行きたいトコロに行けなかったり。無念です...。


今回の戦利品。
右上の薬は、病気で床に伏せた思い出です。トホホ...
助けてくれた方々、本当にありがとうございました。



JUGEMテーマ:旅行
comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
Amsterdam:DayTime編
category: オキゴキTRAVEL | author: miyamoo
 6年振りの2度目のAmsterdam。大好きな街だからこそのリピート。
今回の旅は、デザイナーのsek君の手掛けたpapabubbleの店舗空間の
竣工を見に行ったのだけど、工事も遅れ遅れで完成を見えられず。
でも、職人さんが工事する現場空間を見られたので、又新鮮な体験でした。

友達と一緒に旅するって感じじゃなく、旅先でフラっと会う感じも楽しい。
フラっと入ったスタバでバッタリなんて偶然もあったり。
アムスに暮らしてるような錯覚を起こさせてくれる素敵な時間でした。
ありがとうsekくんshigeちゃん!
Amsterdamの街は、歩くのに快適最適。
トラムが張り巡らされていて、疲れたらトラムに乗ればどこにだって行ける〜。
アムスっ子みたいに自転車あれば最高なのだけど!
沢山街歩きしたので色々UPします。

到着してまずはダム広場へ。
初めて来た時に苦い思い出もあったのでやってきました。
アムスといえば自転車。adidas originalsチャリ見っけ。かわいい。
そのあとAppleストアに入るOriginalsリュックのお洒落さん発見。イイ青だ。
アムスの定番、コロッケ自販機。自販...というか、後ろでおっちゃんが揚げて入れてます。
運河の風景。アムスっ子の舟遊び。本当に素敵な日常が羨ましい!
私達も、sekくんshigeちゃんと一緒に運河クルーズしました!
自転車文化もここまで!!チャリンコBARです。
椅子の下にペダルがついてて、飲みながら自転車こいでる!
こがないと進まないから結構大変そうだけど楽しそう!皆笑ってた。w
レンブラント広場のお洒落スタバでお茶してたら、フラっとsek君がやってきました。
花市の通り。家で過ごす時間を大切にするアムスの人はお花も好きなのでしょうな。
グリコのポッキーは「MIKADO」。御門?帝?雅な感じですな。
ロイドホテルからの朝散歩。
湾岸地区ボルネオ島にあるpythonbrug(ピトン橋)。
Adriaan Gueze(アドリアーン・ヘウゼ)設計の通称アナコンダ。
乳母車は担いで渡る。大変だ!!
Frits van Dongen(フリッツ・ファン・ドンヘン)設計のくじらビル。
中央駅からDamrakを通る。

歩いて歩いて、街に自分が馴染んで行く感じ、とても心地いいです。






JUGEMテーマ:旅行

comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
Amsterdam:Night編
category: オキゴキTRAVEL | author: miyamoo
sek君のアムス滞在に便乗した今回の旅。
夜は一緒にごはんを食べてもらったり、充実した時間になりました。

sek君たちに合流して、アムス初日の夜に食べたDinnerは【De Kas】
アムス中心からちょっと離れた公園に、植物園みたいな佇まいであります。
みんなのんびり夕涼みしてます。さすがアムス、マリファナの香りも常です。
sek君が予約してくれました。かんぱーい!店内は混雑です。人気店!
オランダのごはんは期待しませんが、良い店で食べれば美味しいのですな!
いっぱい食べたよーーーどれも美味しいよーーー
スイーツも!
インテリアも素敵ですよ〜
随分暗くなるまでいましたね〜
夜の外観も素敵です。
が、写真がダメだな。ほんと素敵なDe Kas!いい店教えてもらって幸せ。


翌日は「肉食べに行こーーー」ってどこだったか美味しいお肉食べに行きました。
そのあとは飾り窓のエリアを散歩したりフラフラ。
男友達と一緒だと行動範囲が広がって嬉しいです。
飾り窓にはシーセクな女の子がぷにぷにしてます。
コーヒーショップも賑わってまーす。
夜の中央駅。キレイです。

アムスの夜は危なっかしいけどハッピーな空気。


JUGEMテーマ:旅行
comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
Den Haag:デン・ハーグ市美術館
category: オキゴキTRAVEL | author: miyamoo
オランダは小さな国なので、ちょいと1,2時間電車に乗れば色んな町に行けます。
2006年にオランダに行った時は、アムスと他にロッテルダムに2泊して
ユトレヒトに行ったりしましたが、この距離感ならアムスを拠点に日帰り旅してもよかったな
と思ったものでした。

ということで、今回はアムスから日帰り、デン・ハーグまで。


ドッグノーズの相性で知られる電車で1時間です。


Den Haagの駅はなかなか近代的なデザインです。


デン・ハーグ市美術館へは、ここから少し駅の周りを散歩して、トラムで移動。


オランダの建築家H.P.ベルラ−設計。フランク・ロイド・ライトっぽいのが好きです。


エントランスまではお池を貫く回廊を歩きます。
早朝出たのでOPEN時間に並びましたが、平日なのになかなか人気ね。


アレキサンダー・カルダー/モンドリアン/カンディンスキー/フランシス・ベーコンなど
好きなアーティストが沢山所蔵されているのでワクワクです。

なんとも素敵なインテリアな美術館であります。タイルの色使い、素敵。


大きなホールを中心に、展示室が分かれています。


カルダーの部屋!!




階段室。


階段のホールにも作品。


カフェ。


中庭で遊ぶ子どもたち。学校の遠足っぽかったです。元気!!


Den Haagでは有名な美術館に、マウリッツハイス美術館があります。
フェルメールの『真珠の耳飾りの少女』やレンブラントなどなど
超絶有名な絵画を所蔵している美術館ですが、この時は改修工事中でガッカリしてましたが
なんと!!!!
マウリッツハイス美術館の作品がこちらの市美術館に移動展示されているとのこと!
ココでまとめて見られちゃうなんて!しかもフェルメールの『真珠の耳飾りの少女』!
ガラガラの展示室で、真珠の耳飾りの少女と二人きりになれる最高のシチュエーションで
鑑賞する事が出来ました。ああ、幸せ。



JUGEMテーマ:旅行
comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
new old
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
OTHERS
SEARCH


PROFILE