TOKYOお気楽極楽日記。コッチコチだね、なんか。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>


オキゴキの感想を
Tweetしよう!



[オキゴキfavorite]
<< 東北関東大震災 | main | 『モール・コップ』 >>
地震の日
category: オキゴキDIARY | author: miyamoo
原発の見えない不安と情報に煽られ、余震に怯えて、結局悲しみに堕ちる...。

3/11以降の私の生活はすっかりこのスパイラルです。

挙句、先ほど夕方出た情報によると、東京の水道水もダメだとか。むむむ...

しかし、だんだん開き直ってきました。しっかり立っている感じになってきました。

仕事も正直全然ヤル気がしません。でも、やります。

なかなかうまく笑えません。でも、笑います。

前向きになってきたところで、地震当時のことを書いておこうと思います。



確定申告を税務署に提出して、ウキウキ気分だった3/11の昼下がり。

いつもの様にお家の仕事部屋でカタカタポチポチお仕事してました。

大好きなラジオ“AVANTI”のPodcastを延々聴きながら穏やかに仕事していると

ゆぅらゆぅら....

「ん、揺れてるよな。ま、最近多いからだいじょ...」

ぐーーーらぐーーーーら

「!!!!ふぎゃ!!!!」

小刻みから急に来た。ギーーーーシギーーーーッシガタガタガタガタ

慌ててリビングに移ってTVでNHKを見る。しかし、怖くて見れない。机に掴まって、

「怖いよ!!!怖いよ!!!○○○(←普段、旦那様を呼ぶ名前w)!!!怖いよ!!!」

バカか。というくらい怖いよと叫んでいたら、仕事部屋から“バッターーーン!!”の音。

音に驚いて仕事部屋に戻ろうとしたら、内開きの扉の内側に立てかけてあった製図台が倒れ

扉が開かなくなってしまった。テンパってる私は2度ほど扉に体当たりした様な気がするw。

揺れがなかなかおさまらない。ながい。

玄関を開けて手で押さえ、片手で廊下の手摺に掴まって揺れのおさまりを待った。

ウチのマンションは真ん中が最上階までドーーーンと抜けている構造なので

子供やお母さん達の悲鳴で響いていた。手摺に掴まってる親子も多数。

もうしばらく目を瞑って怖さを回避していたら揺れがおさまった。

揺れはおさまったが、もーーーー震えが止まらない。完全に濡れた捨て猫状態。

ヒーーーガクブル。

靴のまま部屋に上がって開かなくなった部屋の前で一旦立ちすくむ。

部屋の中からは優雅な“AVANTI”の話し声。どうやらPCは無事だな。。。

仕事部屋の窓は滅多に開けないので、ダメ元でベランダに回ると

「なんだ、窓の鍵開いてた」。

仕事部屋の壁一面の本棚も、大きい地震が来たらコレが倒れて私アウトだなと思っていたが

本が一冊として落ちてなかった。早々にPCをシャットダウンして、製図台を床に移動し、

貴重品とiPhoneと充電器を持って外へ。

エレベーターは止まっていたので階段で降りる。

途中、階段で下から上がってくる買い物帰りのマダムに出くわす。

私「大丈夫ですか???」

マ「私32階なのよ。もーーー大変。ははははは」

なんだ、すごい余裕だ。そのままマダムはヒーヒー言いながら階段を上がっていった。

私はテンデ駄目で、とにかく落ち着こうと隅田川の畔のベンチでボーっとしてました。

ズン.....

「わぁ!!」

またきた。一人というのがこんなに心細いなんて。

自分が動けば怖くない!と、それからしばらくずっと界隈を歩いていた。

歩きながら旦那様に電話、メール。勿論繋がらない。

とにかく避難所に行ってみよう...最寄の小学校。子供の親が群がり、入れる気配なし。

近くの公園に行ってみよう...で、また余震。わぁ!!ここは嫌だ!!歩く!!

地下鉄はどうだろう...駅の改札まで行ってみたり。

お巡りさんを見れば安心するかなぁ...交番に行ってみたり。(数分お巡りさんを眺める)

しばらく家に入れないし、なにか買わなきゃ...コンビニに行ってみたり。

コンビにも回りはビジネスマンもOLさんも沢山いて、しばらくそこに滞在。

会社から出てくる人はみんなヘルメットかぶってたりしてなんか緊張感が増す。

どうなってるんだ東京は。

すこしまた余震が来たので、また歩き出した。らちがあかないのでマンションに戻った。

エントランスに群がる人。自治会長さんと管理人さんが色々仕切ってくれてる。

マンション1Fの集会場を解放するからそこにいなさい。と言ってくれた。

TVからは信じられない映像が。

東北。。。

仙台のおばあちゃんおじさまおばさまは大丈夫だろうか・・・

旦那とは依然連絡がつかないまま集会所に。

みなさんゾクゾクと集まっている。

すこし腰を据えて安心したところ、ふとtwitterを見ると旦那からのリプライ多数。

一安心。六本木から徒歩帰宅の最中でした。

余震に怯えながら、自治会長さんの出してくれたお茶や非常用食料を皆さんに配ったり。

人様のお世話をしていると、気持ちが落ち着くことを発見したので

ひとしきり集会所でゴソゴソ働きました。

引っ越してきたばかりの親子がオロオロと入って来た。子供がバギーの中でグッタリ...

ゲロゲロゲロ.....。あぁぁあ。お母さんオロオロ。

ゲロ吐いちゃってそれをビニールで受けてあげたり。

「お茶いりますか??!」 「いえ、結構です...」

「椅子、座りますか??」 「あ、もうエレベーター動いたので戻ります」

「ぼく、お菓子たべる??」 「...。」

無駄に動く。



...そうこうして1時間半程過ごしていたら、旦那が帰還!!

誰も居なくなった集会所に、私ともう一方親子。の3人のみw。ビビりすぎ。



ようやく部屋に戻ってもビクビク。TVの報道にただ泣くばかり。

埼玉に住む帰宅難民となった従兄弟が泊まりに来て、

翌朝始発で従兄弟の埼玉の家に移動。夕方、また帰還。

仙台のおばあちゃんはじめとする親族はみんな無事と、2日目の朝にようやく連絡が。

よかった、ほんとうに、よかった。



たくさんの不安と心配をずるずると引きずりながら

前向きな毎日に向かって未だ奮闘している。




comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑






この記事のトラックバックURL : http://blog.miyamoo.com/trackback/879482
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
OTHERS
SEARCH


PROFILE