TOKYOお気楽極楽日記。コッチコチだね、なんか。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>


オキゴキの感想を
Tweetしよう!



[オキゴキfavorite]
<< Yoshihiko Ueda 『A Life with Camera』 | main | 『駆込み女と駆出し男』 >>
アマン東京 / ザ・ラウンジ
category: オキゴキDESIGN | author: miyamoo
昨年末に大手町にオープンした「アマン東京ホテル」
リゾートホテルのアマンが大都会東京のど真ん中につくった
日本の和を楽しむラグジュアリーホテルです。

設計は、オーストラリアの建築家ケリー・ヒル。
ケリー・ヒルは、リゾート建築の先駆者である
スリランカの建築家ジェフリー・バワの影響が強く
バワの精神"その土地の風土を設計に取り入れる"設計を大切にしていて
ここアマン東京も、日本の和や禅が丁寧に取り入れられています。

友達と日比谷の赤提灯でお腹とアルコールを満たして...w
いざ、アマンのラウンジへ!!

タクシーを車寄せにつけると、すぐにロビーの椅子に案内して頂き
ラウンジにお話を通してもらい、まもなくご案内頂きます。
1Fのロビーから、EV、33Fのラウンジに付き、お席につくまで
"ホテルに到着するまでに不自由はなかったか""内装のデザインについて"など
親切丁寧にお声掛け頂く。素晴らしいホスピタリティ。
33Fに着くと、まず目に入るのが高い高い天井。28mもあるとのこと!


石庭あらわる。


それらの周りに、品のあるテーブルセット。キレイ。ミニマムで好き。


床のパターンも上品。


ラウンジのソファ席はこんな感じ。


バーカウンターは夜景に向いています。新宿方面一望。


絶妙な高さに吊られたスクエアのボックスがキレイ。

外国人旅行客の方に飲みやすい「Japanese SAKE」のライナップが目を引きます。
辛味を抑えた純米で、アマン東京オリジナルで醸造してる日本酒「真澄」。
早速お冷でオーダー。


続いて、日本酒を使ったカクテルを作って頂きました。
緑茶もブレンドされたトリッキーで味わいあるカクテルでした。
飾りに稲穂が添えられていたのが新鮮でした!


アマンのバーテンダーさんは、バーテンではなく「ミクソロジスト」というそうな。
ハーブや野菜などを組み合わせてカクテルを作る方をいうそうです。ほほぅ。
品よく気さくにお話頂くミクソロジストさん。居心地がいい空気を作ってくれます。

海外の方と日本の方では、7:3で海外の方が多いとのこと。
「オープン当初は半々になるとイイネって思っていました」と。
こんな素敵な空間が国内にあるのだから、是非是非国内旅行で利用してもらいたいですね!

帰りは、タクシーで5分も走れば帰宅。アマンの楽園から自宅に。
しかし、東京って面白い町だな〜と実感しました。
少し動けば、その建物のドアを開ければ、普段前を歩いてるビルのエレベーターを乗れば...
いろんな時間を過ごす事が出来る。

いいとこ見ーーーーっけ!アマン東京。



JUGEMテーマ:アート・デザイン
comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑






この記事のトラックバックURL : http://blog.miyamoo.com/trackback/879661
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
OTHERS
SEARCH


PROFILE